折り紙クリスマスツリーの折り方は!難易度1から難易度4まで!

クリスマスを盛り上げるためには色んな装飾が必要です。

今回はその中でもクリスマスの定番『クリスマスツリーの折り方』についてです!クリスマスツリーの折り方っていうのは沢山あるんですが、今回はクリスマスツリーの折り方でも分かりやすいように難易度別で紹介しています。

難易度1から難易度4までの紹介になるんですが、、難易度4だけは別次元です・・。

スポンサードリンク

難易度1から難易度4までのクリスマスツリー!

それでは早速、それぞれのレベルに分けられたクリスマスツリーの折り方についてをご紹介します。動画になっていますが、できそうなものにトライして貰えればなって思います。

難易度1

見た感じはこれでレベル1かっ!なんて思ってしまうかもしれませんが、結構折り方を見てみると簡単ですよね!これなら小さい子でも難なく作れそうです♪

ただ、市販の折り紙ですと思ったよりも結構小さくなってしまうかと思います。なので「大きめで目立つものを作りたい」なんてときは大きめの色紙を使うのが良いと思います!緑の画用紙とかでも良さそうですね。

クリスマスの装飾のワンポイントに、って感じであればこれで十分そうです!

難易度2

難易度2になるとやはりちょっと難しくなります。小学校低学年ではちょっと苦戦しそうです。高学年レベルだったら何とか作れそうって感じです!

3つの折り紙パーツからなっているんですが、完成形は上から軽く差し込んでいるだけなので、壊れないようにしたければ丁度良さそうな高さに調節し、接着剤などで固定してあげると良いでしょう!

スポンサードリンク

難易度3

マニアックになってきましたね笑

恐らく小学校高学年でも苦戦しそうなレベルです。中学生でも「??」ってなる人も多いはず。ただ、こちらはしっかり差し込んでいるのでそっとやそっとじゃ壊れません。

作れたらある程度の支持を得る。って誰にかは分かりませんが笑、作れればそんなレベルがこのレベルだと思います。時間があったら是非挑戦してみてください!

難易度4


!!?

ってなるかと思います笑。もはや折り紙のレベルを遥かに超越してるんですが、一応全て一枚の紙から構成されています。折り紙研究会以外の方は恐らく苦戦するレベルです。

しかもこのクリスマスツリー、もう「折る」という古典的な折り紙の常識から遥かに逸脱し、もはや「組み立てる」といった領域まで上り詰めてます。ただ、実はこれを作るためには紙からあるパーツを作る必要があるんです。それが下の動画

なんていうことでしょう!もはや職人技、、カメラが動きについていけてません。完全にブレてます。でもこういったパーツを作ることによりこのクリスマスツリーは完成します。

ちなみになんですが、もしこのクリスマスツリーを作ることができれば下のようなサンタも作れてしまいます!

恐らくクリスマスパーティで、もしこれが普通に自宅に置いてあったりでもしたら、多分その日、きっとあなたは皆の特別な存在になれるでしょう。でも逆に変態扱いされる危険性も同時にはらんでいますので「作っても3つ目までかなぁ」なんて気がしなくもありません。

まとめ

以上、折り紙クリスマスツリーの折り方でした!

沢山の装飾を作ってクリスマスを大いに盛り上げていきましょうね!

Return Top