肩や膝の関節痛の治し方!リョウシンJV錠の効果や口コミは?

  • 階段の上り下りがつらい。
  • 腕を上げるのがつらい。
  • 運動後に関節が痛む。
  • 肩こりがひどく石のように固い。
  • 手足のこわばりを感じる。

こんな症状に悩まされていませんか?

実は、関節痛に苦しんでいる人はとても多いんです。特に膝の痛みで悩んでいる人は、全国に1800万人もいると言われています!

なんと65才以上の約3人に1人が同じ悩みを抱えているんですね。

「つらい痛みを気にせず自由にからだを動かしたい!」というあなたのために、肩や膝の関節痛の治し方とおススメの薬をご紹介したいと思います!

スポンサードリンク

関節痛の原因って何?

つらい関節の痛み…。その原因は単なる「疲労」ではないかもしれません。痛みの原因を知ったうえで、正しい治療を行うことが大切です!

ここでは、良く知られている関節痛の三大原因についてと、その他の病気についてを書いています。それではまず三大原因から見ていきましょう。

関節痛の三大原因

  • 変形性関節症
  • 関節リウマチ
  • スポーツ時の関節障害

以上が関節痛の代表的な原因と言われているのですが、実はこの3つは全くの別物で、対処法もそれぞれ違います!

一体どんな病気なのか、悩みの原因として多い症例順にそれぞれ詳しく見ていきましょう。

変形性関節症

骨と骨のつなぎ目でクッションの役割を果たしている「軟骨」が、加齢とともにすり減って炎症を起こす病気のことです。

日常生活で大きな負荷がかかるに起こりやすいと言われています。

一度すり減った軟骨は元に戻らないので、放っておくと症状は悪化していきます。初めは、階段の上り下りや動作の始めに痛みが出てきます。病気が進行すると、少し歩くだけでもつらくなります。

また、関節を包むように守っている滑液が、炎症を抑えるために異常に増え出すと「膝に水が溜まる」といわれる状態になることもあります。

関節リウマチ

関節リウマチは、関節痛の原因で2番目に多いと言われています。いわゆる「膠原病」の一種で、特に30代~50代の働き盛りの女性に多いのですが、原因はまだ解明されていません。

全身の倦怠感や微熱のほか、朝起きたときに手足のこわばりが続くのが初期症状です。進行すると、関節の痛みや腫れがひどくなります。関節を痛めるようなことをしていないのに関節が痛いというような場合は要注意です!

治療にはリハビリが欠かせないので、早めの受診と適切な治療を受けることが何より大切です。

スポーツで起こる関節障害

スポーツでは「走る」「跳ぶ」「着地」など、日常とは異なる動きをするので関節に負担がかかりやすくなります。一番多いのは、を痛めるケースです。

特に多いのが使いすぎ(オーバーユース)による痛みです。小さな負荷が繰り返し加わった結果として関節を痛めてしまうということですね。

関節を痛めないためには、準備運動と十分な休息が大切です。

ここまで3つの最たる要因について見ていきました。他にも肩や膝の痛みは次のような原因から起こる場合もあります。

その他の原因

  • 肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)
  • 痛風
  • 偽痛風
  • 骨肉腫
  • 化膿性関節炎
  • 足関節滑液包炎
  • ペルテス病

難しい病名が並んでしまいましたが、ただ関節が痛いからといって必ずしもどれかに当てはまるというわけではありません!

例えば、風邪やインフルエンザで高熱が出たときにも関節が痛くなりますよね。

通常は熱が下がると痛みもなくなるのですが、関節痛だけ続くという場合は違う病気が隠れているかもしれません。

つまり、関節痛は病気やケガの前触れの可能性があります。早めの予防と対処が必要ということになります。

では次に、関節の痛みを治す方法を解説していきたいと思います!

関節痛ってどうやって治すの?

それでは関節の治し方についてお話していこうと思います。

思うんですが、以下の方法は基本的にすべてお医者さんがしてくれる治療法となります。

関節痛の治し方

  • 薬物療法
  • 理学療法
  • 装具療法
  • 運動療法
  • 手術療法

これからお医者さんにかかって診てもらう予定であれば、こういった治療法があります。

ただ、もちろんお医者さんによって治療法はさまざまですし、詳しいことは担当の医師に聞いてみてください!

薬物療法

お薬による治療は大きく分けると3種類あります。

まずは、塗り薬や湿布などの外用薬で外側から炎症を抑える方法です。最も手軽で、症状が軽い人におススメです。

次に、飲み薬など内服薬による治療が挙げられます。外用薬より効き目が強く全身の痛みに効果があります。その反面、副作用が出やすいというデメリットもあります。

最後に、患部に直接薬を注射するという方法があります。痛みを抑える効果は高いのですが、副作用が強いので頻繁には使えません。

温熱療法

患部を温めて血行を促進させる方法で、筋肉や関節にこわばりがある人に効果的です。

血の巡りがよくなると筋肉が柔らかくなって、関節が動かしやすくなるというわけです。

整骨院などでは、高周波の電気を流して痛みを和らげる治療も行われています。症状によっては患部を冷やす低温療法の方が向いている場合もあります。

装具療法

変形性関節症によく使われる治療法です。

サポーターなどの装具で関節の変形を治すことはできないのですが、関節にかかる負担を軽くして痛みを和らげる効果があります。

自分に合ったものを選ばないと逆に症状を悪化させてしまうので、医師に相談するのがおすすめです。

運動療法

ストレッチや筋トレによって筋力をつけたり、関節の柔軟性をつけていく方法です。

ストレッチや筋トレをしたら、続いてはウォーキングや水中歩行など軽い有酸素運動を行い、更なる筋力アップや肥満解消により関節への負担を軽くしていきます。

手術療法

最後の手術療法は、どの治療を行っても症状が改善しない場合に行われます。

入院や長いリハビリが必要になることもあるので、患者の意思や状況を考慮しながら最適な方法を選びます。

痛みの原因を取り除くことができますが、高額な手術費用や仕事を長期間休まなくてはいけないなどのリスクもあります。

…という訳です。

関節の痛みを取る方法ってこんなにも沢山の方法があるんですね。自分がもし重い関節痛で「病気かも!?」なんて思っていれば、すぐにでも病院に行きましょう。

でも中には「病院に行くほどではないけど、手軽な方法で痛みを和らげたい!」なんてこともありますよね?

なので、続いては関節痛に効くおすすめの薬についてご紹介していこうと思います。

おすすめの薬がこれ!

膝・肩・腰の痛みに飲んで効く「リョウシンJV錠」というお薬です!関節痛や神経痛に効果があると認められた医薬品です。

リョウシンJV錠の特徴

ではリョウシンJV錠についてなんですが、一体どんな特徴があるんでしょうか?詳しく見ていこうと思います。

つらい痛みを和らげる「6つの有効成分」

リョウシンJV錠には、関節痛や神経痛に効く6つの有効成分が含まれています。

  • フルスルチアミン塩酸塩
  • ピリドキシン塩酸塩
  • シアノコバラミン
  • トコフェロールコハク酸エステルカルシウム
  • パントテン酸カルシウム
  • ガンマ・オリザノール

これらの成分が、関節の老化や筋肉のコリが原因で起こる痛みを内側から緩和してくれます。詳しくは後ほど解説したいと思います!

日々の健康をサポートする「富山常備薬グループ」が開発

薬の都・富山を拠点に、シミに効く「キミエホワイト」などの人気商品を生み出している企業です。

通販限定なので薬局では見かけない名前ですが、女子サッカーの澤選手が出演するCMでご存知の方も多いかと思います!

「両親世代」の健康を願って「良心価格」でお届けできるように、社員の真心が込められている商品なんですね。

飲みやすさ・続けやすさへの工夫

リョウシンJV錠は、1日1回2~3錠を食前食後に関わらず好きな時に飲むだけでいいんです!これなら外出時に持ち歩く必要もないですよね。

病院で処方されるお薬は、決められたタイミングで1日に何回も飲まないといけないので、面倒になって途中で飲むのをやめてしまう人もいるかと思います。

ビタミン剤やサプリメントを飲む感覚で続けられるのがリョウシンJV錠の魅力です!

リョウシンJV錠の成分

先ほど、関節の痛みに効く「6つの有効成分」をご紹介しましたが、一体どんな効き目があるのか見ていきたいと思います!

痛みを緩和する成分

  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
  • シアノコバラミン(ビタミンB12)
  • ガンマ・オリザノール

栄養を補給する成分

  • フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)
  • パントテン酸カルシウム

血行を促進する成分

  • トコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンE)

リョウシンJV錠は単なる痛み止めではなく「痛みの緩和→栄養補給→血行促進」という流れをつくり出す成分をバランス良く含んでいるんです!

具体的には、以下のような効果が期待されています。

効果・効能

  • 筋肉痛・関節痛(腰痛、肩こり、五十肩など)
  • 神経痛
  • 手足のしびれ
  • 眼精疲労
  • 肉体疲労時
  • 病中病後の体力低下時
  • 妊娠・授乳期

なんと、関節の痛み以外にも効果があるんですね!

しかも、なかなか栄養として取りづらいビタミンB1、B6、B12などが含まれているので、疲れ気味の人にもおススメです。

食前食後関係なく飲めますし劇薬ではないんですが、まれに体質が合わない人は副作用で胃腸の調子が悪くなるようです。そのような症状が出たら、飲むのをやめて病院を受診してくださいね。

でも「効果があるかどうか買う前に知りたい!」というのが本音ですよね。

そこで、こちらのお薬を実際に試してみた人のレビューをまとめてみました。

リョウシンJV錠の口コミまとめ

ネットで検索してみると、レビューがわんさか出てきました!まとめるとこんな感じです。

悪い口コミ

通販限定なので少し不便という声がありました。確かに薬局ですぐ手に入る方が便利ですからね。ただ、お薬を切らすのが不安な人は定期コースがあるので、こういったものを選ぶという手もありますね。

良い口コミ

全体の7割ぐらいが効果に満足しているという印象でした。効果があった人は平均して3ヶ月程度飲み続けているようです。

体の中からじっくりと治していくタイプのお薬なので、根気よく飲み続けられる人なら効果を実感できそうですね!

どんな人におすすめ?

人によって体質や症状が違うので、お薬が効く人と効かない人は必ず出てきます。どんな人に適しているのか口コミをもとに分析してみました!

こんな人は合わないかも…

  • 痛い部分が腫れ上がっている人
  • ひどいO脚など骨格の異常がある人
  • 耐えられないほどの激痛がある人

上記のような場合は早めに病院を受診することをおすすめします。

こんな人におすすめ!

  • 年をとっても元気に運動したい人
  • 筋肉痛が遅れてやってくる人
  • 目の疲れや肩こりに悩んでいる人
  • 仕事や子育てに追われてヘトヘトの人

上記に当てはまる場合は、リョウシンJV錠でからだの痛みが楽になるかもしれません!

ネットで買ってみました!

見た目は普通です。薬局で売ってそうな馴染みのある雰囲気です。

箱を開けるとこんな感じになっています。

ちょうど手のひらに収まるサイズですね。

使用期限も長いので安心です。3年ぐらいは持つようです!

黄色い錠剤が93粒入ってます。1日3粒として31日分、つまり1ヶ月分ですね。

マーブルチョコみたいな可愛い見た目です。お薬って感じがしないですね。

まとめ

関節痛の治し方と痛みを和らげるお薬についてのご紹介は以上です!

からだに痛いところがあると「痛い→動かなくなる→筋肉が衰える→症状が悪化する→さらに痛い」という悪循環に陥ってしまいます。

こうならないためには、日頃から正しい予防がとても大切です。おじいちゃんおばあちゃんになっても元気で生き生き暮らすために、今日からからだのケアを始めませんか?

ちなみに、澤選手もCMでおススメしています!

もし痛みを気にせず、日常の動作が楽にできるようになったら毎日快適ですし不自由なく暮らせますよね。

そんな生活を手に入れるためにも、リョウシンJV錠の公式ページを一度のぞいてみてくださいね。

Return Top