妊娠による脇の黒ずみは治る?原因や黒ずみのケア方法を徹底解説!

「妊娠して脇や乳首が黒ずんできた…。」こんな症状で悩んでいませんか?

今まで白かった肌が急に黒くなったら驚きますよね。それに「ずっとこのままだったらどうしよう…。」と不安になるのも無理ないかと思います。

でも、安心してください!これは妊娠したら誰にでも起こる変化なので、あなただけ特別という訳ではありませんよ。

だけどやっぱり見た目に関わることなので、黒ずみが治るのかどうかは気になりますよね。

そこで当サイトでは、黒ずみの原因と治し方について徹底的に調査を行いました。その結果をまとめていますので、黒ずみで悩んでいるならぜひ参考にしてくださいね♪

妊娠で脇や乳首が黒ずむのはなぜ?原因はこれ!

まずは、なぜ黒ずみができてしまうのかその理由を詳しく見ていきましょう。

妊娠すると脇が黒ずむ原因はずばり「ホルモンバランスの変化」によるものです。

女性は妊娠するとホルモンバランスが大きく変化します。その影響で、いつもより黒ずみが起こりやすくなると言われています。

具体的には「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つのホルモンが増加すると、メラニン色素をつくり出す細胞(メラノサイト)が刺激されて黒ずみができるという仕組みです。

メラニン色素は元々肌に存在するのですが、妊娠を機に増えすぎると色素沈着を起こしてシミや黒ずみの原因となります。脇は特にメラニン色素が集中しているので、より黒ずみが起こりやすいという訳ですね。

また、乳首やデリケートゾーンも脇と同じでメラニンが多いため、黒ずみができやすいと言われています。ただ、乳首に関しては授乳に備えて乳首を保護するために黒ずみが起こるという説もあります。

できてしまった黒ずみは治るの?

黒ずみができる理由はわかりましたが、黒ずんでしまった肌を元に戻すことはできるのでしょうか?

その答えは「YES」です!

妊娠中に起こる体の変化は一時的なものだと言われており、出産後ホルモンバランスが元に戻れば黒ずみも徐々に解消されていきます。

ただ、出産してすぐに戻るのではなく大体半年間ぐらいかけて段々と薄くなっていくというケースが多いようです。「出産したのにまだ戻らないの?」と不安になるかもしれませんが、焦らず気長に待ってみましょう。

とはいえ、早く元の状態に戻したいなら放っておくだけでは不十分です!そこで、黒ずみを1日でも早く解消するために自宅で簡単にできる対策をいくつか紹介したいと思います。

脇の黒ずみを1日でも早く治すためには正しいケアが大切!

いつか自然に治ると言っても、黒ずんだ脇って見た目も悪いしなるべく早く治したいですよね!旦那さんにも見られたくないですし…。

なので、妊娠中からしっかりと黒ずみ対策を始められることをおすすめします。対策方法は山ほどありますが、こちらには簡単にできるものだけを集めてみました。

自宅で簡単にできる黒ずみケア

  • 刺激を与えない
  • ビタミンEを積極的に摂る
  • 専用クリームで保湿する

なるべく刺激を与えない

黒ずみをなんとかしたい気持ちはとってもわかるんですが、肌をゴシゴシこするのは逆効果です!かえって黒ずみを悪化させる原因になるので、絶対にやめてくださいね。

脇を洗う時は柔らかい素材のボディタオルを使うか、手で優しく洗うように心がけましょう。

また、カミソリによるムダ毛処理は黒ずみを引き起こす場合があります。妊娠中はただでさえ肌がデリケートな時期なので、なるべくムダ毛処理を控えた方が良いでしょう。

ただ、妊娠するとホルモンの影響で体毛が濃くなるので、どうしても剃りたくなってしまうんですよね…。

そんな時は、肌に刺激の少ない「電動シェーバー」を使うのがおすすめですよ!

ビタミンEを積極的に摂る

ビタミンEには高い抗酸化作用があり、血行を促進して肌のターンオーバーを整える効果があります。

黒ずみを薄くするためには肌の代謝を高めると良いので、ビタミンEはうってつけの栄養素という訳ですね!

ビタミンEは、身近にある食材から簡単に摂ることができます。主に、かぼちゃ、ほうれん草、モロヘイヤ、しそ、キウイ、さつまいもなどに多く含まれるので、これらの食材を積極的に摂るのがおすすめですよ。

専用クリームで保湿する

できてしまった黒ずみを治すには、肌のターンオーバーを整えて新しい肌を作ることが大切です。そのためには、肌の修復機能を高める保湿ケアが欠かせません!

かと言って、保湿できたら何でも良いという訳ではないんです。物によっては保湿効果が弱かったり、水分より油分が多くて脇の毛穴を詰まらせてしまいます。

なので、なるべく黒ずみ対策専用に開発されたクリームを使うのがおすすめです!保湿成分以外にも、美白成分や抗炎症成分が含まれているので黒ずみを早く治してくれます。

産後のケアも考えているなら、赤ちゃんの肌に触れても大丈夫な低刺激のクリームを選ぶと良いですよ。

黒ずみケアにはアットベリーがおすすめ!

黒ずみ対策用のクリームは沢山あるんですが、私は「アットベリー」がおすすめです!

アットベリーは肌に刺激の強い成分を一切含んでいないので、脇だけでなく顔から足先まで全身に使えます。医師に相談して問題なければ、妊娠中から使うことも可能ですよ。

値段の割に量が少ないクリームって多いじゃないですか?だけど、アットベリーは大容量なので全身の黒ずみを同時にケアしてもちゃんと1ヶ月使えるのが嬉しいです。主婦にとってコスパはとっても大切ですもんね!

私も長年脇の黒ずみに悩まされていたんですが、敏感肌のせいで今まで試したクリームは大抵かゆみが出てしまって合わなかったんです…。

もう病院で治すしかないかな?と思っていた時に、アットベリーの存在を知ったんですね。公式サイトに「1個使い切っても返金保証あり」って書いてあったので、かゆみが出たら返金すればいいやぐらいの気持ちで購入しました。

それで3ヶ月使ってみた結果、私の脇は見事に綺麗になりました!もう着られないかな?と思っていたノースリーブを着る夢も叶ったので、大満足です。

妊娠中って肌が黒ずんだり妊娠腺ができたり、女性にとってはショックな変化も多いですよね。でも、ちゃんとケアすれば元通りになるので安心してくださいね!

こちらの記事では、私が脇の黒ずみをアットベリーで治した体験レビューを書いていますので、気になったら読んでみてください♪

Return Top